大学生の恋活・学生同士の出会いを提供する スチューデント

パーティー開始20分前迄お電話にてご予約承っております!オンラインからのご予約は24時間受付中♪

HOME > パーティー攻略にお役立ち > Lesson15 恋活お悩み相談 女性と上手にメッセージをやり取りするコツを教えてください

女性と上手にメッセージをやり取りするコツを教えてください

Lesson15 恋活お悩み相談 女性と上手にメッセージをやり取りするコツを教えてください

女性と上手にメッセージをやり取りするコツを教えてください T.Fさん(21歳・男性・大学生)

Q女性と上手にメッセージをやり取りするコツを教えてください

女性と上手にメッセージをやり取りするコツを教えてください合コンで知り合った女性と連絡先の交換をしました。自分もまんざらではないのですが、女性からのメッセージの送られ方や回数、内容と、こちらの理想とするやり方がずれているようです。(よく聞く話ですが)上手にメッセージをやり取りするコツを教えてください。

A まずは聞いて共感してあげてから、質問に答えることです。

女性は「なんとなく聞いてほしい、共感してほしい」ということでもメッセージを送ってきたりします。会話のやり取りで答えや結論を重んじる男性とは、根本的に会話の目的が異なると言われています。これは男女の脳の研究者も唱えていて、男女のすれ違う理由の1つとも言われています。

例えば「バイトでなんだかんだ店長に怒られちゃって・・・(略)で、月末にまたこの前の店に行ってみませんか?・・・(略)」

このような内容が来たとします。男性のあなたは月末の予定がどうかだけ「月末はNGです」と返事をすればOKなのですが、女性はそれだけだと「メッセージつまらない男」「そっけない」と感じてしまいます。

解答例「怒られたかぁー、そりゃ大変だったね。今月末はゴメン、バイトで人が足りなくて忙しいからNGで。また声かけて!」

短くていいので、彼女にまず共感を示し、OKかNGか理由も簡単に添えて答えます。ここで、また会いたいなと思う女性であったらまた誘ってほしいという思いも伝えましょう。
ポイント

多すぎるメッセージにはやんわりと「迷惑している」と伝えようどうでもいいことを堂々巡りに送ってくる女性もいます。返答に困ることもあるでしょう。そんな時は、「自分あまり携帯を見ない方だから、そんなに頻繁にメッセージをくれなくてもいいよ」とか、「会った時にいろいろ話をしたいから、そのときまでにネタは取っといてよ」とか、相手を思いやる断り方をしましょう。彼女もきっとわかってくれるはずです。

もし、まったく真意が伝わらなく、ウザったいと感じるようになったらここは別れ時。きっぱりと別れを告げるのも一つの手です。

パーティ開催スケジュール

▼都道府県を選択

▼開催エリアを選択

日付から検索

月 
▶エリアからパーティーを探す

メールマガジンに関する個人情報の取扱い」をよくお読みいただき、ご同意の上で登録してください。

スタッフブログ ? EXEOstudent スタッフブログ
■■■■記事タイトル01■■■■
Posted on 5月 19, 2010 in: ■■カテゴリー■■|コメントは受け付けていません。

ただ、以外にも、イタリアでは晩婚化が進み、出生率も先進国の中で日本、ドイツ、と並んで低い国なんです。
晩婚化が進む理由には、福祉政策の貧弱さにあると言われています。
失業補償や所得保障が手薄なため、若者が経済的に自立しにくく、親に長く財政的に依存せざるを得無いのです。
また、経済的に余裕があり早くに自立しているカップルは同棲生活をしているカップルが多い。
それぞれ仕事を持ち、入籍はせず、子供も育てているカップルは少なくないのです。
また、イタリアはカトリックなので、離婚には極めて厳しいのです。
いざ離婚するとなっても、3年間の別居期間を置いていないと正式に離婚ができない。
さらに一度教会で式を挙げると、二度と挙げることはできない。
そんな理由からでしょうかね 日本で言う‘事実婚’が多いイタリア。

■■■■記事タイトル02■■■■
Posted on 5月 19, 2010 in: ■■カテゴリー■■|コメントは受け付けていません。

ただ、以外にも、イタリアでは晩婚化が進み、出生率も先進国の中で日本、ドイツ、と並んで低い国なんです。
晩婚化が進む理由には、福祉政策の貧弱さにあると言われています。
失業補償や所得保障が手薄なため、若者が経済的に自立しにくく、親に長く財政的に依存せざるを得無いのです。
また、経済的に余裕があり早くに自立しているカップルは同棲生活をしているカップルが多い。
それぞれ仕事を持ち、入籍はせず、子供も育てているカップルは少なくないのです。
また、イタリアはカトリックなので、離婚には極めて厳しいのです。
いざ離婚するとなっても、3年間の別居期間を置いていないと正式に離婚ができない。
さらに一度教会で式を挙げると、二度と挙げることはできない。
そんな理由からでしょうかね 日本で言う‘事実婚’が多いイタリア。

デートスポット 学生恋愛掲示板 スマートフォンサイトOPEN! QRコード
Pマーク
© Student All Right Reserved. ページトップ