大学生の恋活・学生同士の出会いを提供する エクシオスチューデント

HOME > パーティー攻略にお役立ち > Lesson09 1人暮らしについて 賃貸住まいの基礎知識

1人暮らしについて

一人暮らしについて
賃貸住まいの基礎知識 しっかり節約テク バッチリ防犯テク
自炊しよう!ラクチン簡単レシピ 収納とお片付けテク

賃貸住まいの基礎知識

「学校が家から遠い」「そろそろ自立したい」など、色々な事情で一人暮らしを始める方も多いでしょう。ひとり暮らしを始めよう!と思ってみても、いざとなると色々分からないことばかり・・。「敷金・礼金って何?」「家賃の相場は?」「賃貸でできることって?」などなど・・。 そんな色々な疑問を解消して、楽しく快適に暮らせるように応援します。

賃貸物件の種類

◆アパート 木造や軽量鉄骨構造で2階建て以下の共同住宅のこと。
家賃は駅からの距離や広さ、築年数にもよりますが比較的安物件が多くあります。
物件によっては破格の家賃の場合もあり、条件が合えば非常に経済的です。

◆マンション 3階建て以上で鉄筋・鉄骨鉄筋コンクリート、鉄骨造りの共同住宅のこと。
魅力的ではあるが築年数が浅いと家賃は高めです。
セキュリティーや設備などはアパートよりも整備されているため、女性は安心して住むことが出来ます。

◆ウィークリーマンション・マンスリーマンション 短期滞在用の共同住宅のこと。
家賃はやや高めですが、敷金・礼金が不要だったり、家具が付いていたりと生活必需品にかける経費が必要なくすぐに生活出来、面倒な引越し準備をしなくても良いという面があり短期の場合は魅力がある物件です。

◆一戸建て住宅 共同住宅ではない一軒家のこと。新築での戸建て賃貸はあまりありません。築年数が経過している物件が多く、一人で住むにはあまり適していません。ただし、共同住宅が苦手な場合や庭付きのところに住みたいなどのこだわりがあるなら、条件が合えば快適に暮らせる可能性はあります。

シェアハウス・ゲストハウスとは?
一人暮らしについて

「シェアハウス」「ゲストハウス」という言葉を聞いたことがあるでしょう。 この2つは名前が違うだけで内容はほぼ同じです。
「シェアハウス」「ゲストハウス」とは、1つの家を複数の人で共有して暮らす場所です。
キッチンやトイレ、風呂(シャワー)などを共用部分とし、各部屋を複数人で振り分けて個室として使う場合と、一部屋に2〜3人で住む場合とがあります。
「シェアハウス」「ゲストハウス」のメリットは敷金・礼金、保証人が不要である物件が多いということです。
デメリットはプライバシーの問題があげられます。
赤の他人と住むこともあるので、そういった環境に馴染めない場合はあらゆる面でストレスがたまってしまうので止めておいたほうが無難です。 シェアすることで家賃が安く、駅から近い場所もあるため最近では人気の物件になっています。

 

賃貸住まいに必要なこと

◆敷金とは? 『家賃の未払いや修繕などに使用されるお金』のことで、借りる時に貸主に支払います。
基本的に家賃の未払いもなく原状回復として修繕する所もなければ退去時に返金されますが、多くは退去後の清掃費として使用され、残金があればその額が返金されます。
関西地方では「保証金」「敷引き」とされています。
一般的には家賃の2~3か月分というのが多く、最近では1か月分というところあります。

◆礼金とは? 貸主に「貸してくれてありがとう」というお礼の気持ちを表す為のお金。
これは戦後に住む場所が無かった時代に、住む場所を提供してくれた人に感謝の気持ちで渡したことが始まりで、最近の賃貸物件では少なくなっている傾向ですが、まだまだ完全になくなっているわけではありません。
礼金は感謝の気持ちで貸主に“差し上げる”お金となりますので、退去時に戻ってくることはありません。礼金がない物件を探したい、というのが借りる側の心情となります。礼金を0にはできないにしても、交渉可能な場合があります。

◆仲介手数料とは? 仲介手数料とは不動産会社に物件を紹介してくれた手数料として支払うお金です。
一般的には家賃の1か月分が相場ですが、最近は不動産会社によってまちまちとなり半額というところもあります。
仲介手数料は不動産会社の売り上げとなります。法律では「賃料の1か月分が上限」と定められています。仲介手数料は借主が100%支払う必要はなく、貸主と50%ずつ支払うことも可能なのです。しかし、なかなか50%を負担してくれる貸主もおらず、現状では100%借主負担というのが多い傾向にあります。
「仲介手数料半額」で提供している不動産会社は貸主にも負担してもらえるよう交渉しているため、賃料の半額分の手数料で物件を紹介しているということです。
以上のことから、借りたい物件が見つかったらすぐに決めてしまうのではなく、色々な不動産会社から物件を紹介してもらい比較検討して決めた方が得策です。

◆更新料とは? 賃貸物件を契約し借りると、契約期間は一般的に「2年」となります。これは「2年間」住むことができ、更に住み続ける場合には契約の更新が必要となってきます。この時に支払うのが更新料になります。
更新料の相場は家賃の1~2か月分が相場です。契約の更新は2年ごとになるので、頭に入れておかないと大きな出費になってしまいます。更新料は簡単にいえば礼金と同じような扱いになり必ずしも必要な料金ではないのですが、契約書に更新料が必要とあれば支払わなければなりません。分からない場合は不動産会社に尋ねてみるとよいでしょう。
更新料は地域によって有無が異なりますので、自分が住む地域がどういう形態なのか調べておいた方がよいでしょう。

◆連帯保証人とは? 連帯保証人とは「借主になんらかの事情が発生したときに代わりに責任を負う人」のことで、例えば家賃が払えなくなった場合などでは連帯保証人がその責任を負うことになります。ちなみに連帯保証人は必ず借主の責任を負わなければなりません。
「名前は貸したけど責任は負えない」という逃れ方はできないので連帯保証人になることを拒まれる・・ということもあります。
一般的には「親」や「近い親族」に連帯保証人になってもらうことが多く、不動産会社側も「親族」に限定している場合が多くみられます。
しかし、連帯保証人になるには「金銭の支払い能力がある」ことが条件になるため、親であっても支払能力がない場合は連帯保証人になることはできません。
そう言った場合、煩わしい連帯保証人を代行してくれる保証会社を利用できる物件もあります。
不動産会社で契約する際に代行保証会社について説明を受けることが出来ますので、都合のよい方を選ぶとよいでしょう。
代行保証会社を選んだ場合は代行してもらうかわりに料金がかかるので注意しておきましょう。

パーティ開催スケジュール

▼都道府県を選択

▼開催エリアを選択

日付から検索

月 

メールマガジンに関する個人情報の取扱い」をよくお読みいただき、ご同意の上で登録してください。

スタッフブログ
2017/10/18
食事
2017/10/17
テレビ
2017/10/16
青天の霹靂
2017/10/18
食事
2017/10/17
テレビ
2017/10/16
青天の霹靂
デートスポット 学生恋愛掲示板 スマートフォンサイトOPEN! QRコード
エクシオのネット婚活ルミエール・無料お試し会員様検索はこちら Pマーク
© EXEO JAPAN All Right Reserved. ページトップ