大学生の恋活・学生同士の出会いを提供する スチューデント

パーティー開始20分前迄お電話にてご予約承っております!オンラインからのご予約は24時間受付中♪

HOME > パーティー攻略にお役立ち > Lesson12 大人からのメッセージ 恋愛を長続きさせるコツ(男子編)

大人からのメッセージ

Lesson12 大人からのメッセージ

恋愛を長続きさせるコツ(男子編)

交際を申し込むのはいつの時代も男から!と思っていましたが最近はそうでもないようです。昔はケータイ電話がなくて待合わせにも一苦労、彼女の家に電話を掛けるのが難関だったよ、などと言われてもピンとこない今を生きる男子学生のみなさま。いつの時代にも使える恋愛セオリーをお伝えします。恋愛を長続きさせるコツの基本はコミュニケーション能力の向上にあります。そしてこのコツをいったん覚えれば人生をも豊かにすることが出来るでしょう。

▼恋愛で一方的に振られてしまう人、自分を見つめ直しましょう

恋愛で一方的に振られてしまう人、自分を見つめ直しましょう なぜでしょう・・自分ではいつも仲良しカップルと思っていたのに一方的に振られる人。振られる原因が分かっていない方が多く、次の恋愛もまた同じように交際をしている女性から一方的に振られてしまう、不のスパイラル。自分の何がいけないのか、悩める男子学生。

このような男子学生の特徴は・酒癖が悪い・優しすぎる・デートがいつも単調・頼りない・メールの返事はいつもあとで・自分からはあまりメールしない・鈍感・交際している彼女の心を掴めない。一つでも当てはまる方、危険(トゥーデンジャラス)です。

デートでは彼女をいつも楽しませてあげる!というまるで一流エンターティーナーのようにふるまい、時にはプチサプライズ。マメな連絡は必須。女性はいくつになっても大切に扱って欲しい願望があります。

そんな面倒くさいこと出来ない!という男からどんどん女性に振られていきます。残るのはマメな男と経済力がある男です。

▼自分から見切りをつける方は孤独予備軍

自分から見切りをつける方は孤独予備軍 なんて高慢な男子学生なのでしょう。もしやイケメンですね?容姿に自信があるまたは実家が裕福でお坊ちゃま育ちの方にこのような傾向があります。次がいくらでもあるという考え方、自分の言う通りになることが当たりまえの環境で育ってしまったつけが回ってくるのはもう少し大人になってから。

45歳を過ぎても未だ独身。周りには仕事関係の知り合いしかいなく友人と呼べる人も少ない。寂しい人生です。お相手を減点法でしか見ることが出来ず、いつになっても幸せになれないでしょう。

長くお付き合いをしたいなら、相手の良いところは褒め、受け入れられないところが出てきたら、相手に直させるのではなく受け入れる努力をしてみましょう。努力をしてダメだったらそこまでの関係だったと諦めることが出来ます。相手を変えるのではなく自分が変わる事。恋が愛に変わる瞬間かもしれません。

▼日常で彼女を喜ばせる

日常で彼女を喜ばせる 二人の関係をよりよくアップデートさせるためになるようなことを日常から取り入れましょう。彼女にプレゼントをするのはクリスマスと誕生日のみなんて誰が決めたのでしょうか?小さなサプライズを忘れないで下さい。彼女はそこに愛を感じ始めるでしょう。恋愛を楽しむための心がけと彼女を幸せにする心がけを学生のうちからこのことを分かっている学生はいい大人になれると思います。

簡単に運命の女性は見つかりません。今お付き合いしている方を大切に長く付き合ってその結果として結婚(!)となれば本当に素敵なことです。お相手が今はいない男子学生の方、エクシオスチューデントの恋活パーティーに出会いを探しに来ませんか?

パーティ開催スケジュール

▼都道府県を選択

▼開催エリアを選択

日付から検索

月 
▶エリアからパーティーを探す

メールマガジンに関する個人情報の取扱い」をよくお読みいただき、ご同意の上で登録してください。

スタッフブログ ? EXEOstudent スタッフブログ
■■■■記事タイトル01■■■■
Posted on 5月 19, 2010 in: ■■カテゴリー■■|コメントは受け付けていません。

ただ、以外にも、イタリアでは晩婚化が進み、出生率も先進国の中で日本、ドイツ、と並んで低い国なんです。
晩婚化が進む理由には、福祉政策の貧弱さにあると言われています。
失業補償や所得保障が手薄なため、若者が経済的に自立しにくく、親に長く財政的に依存せざるを得無いのです。
また、経済的に余裕があり早くに自立しているカップルは同棲生活をしているカップルが多い。
それぞれ仕事を持ち、入籍はせず、子供も育てているカップルは少なくないのです。
また、イタリアはカトリックなので、離婚には極めて厳しいのです。
いざ離婚するとなっても、3年間の別居期間を置いていないと正式に離婚ができない。
さらに一度教会で式を挙げると、二度と挙げることはできない。
そんな理由からでしょうかね 日本で言う‘事実婚’が多いイタリア。

■■■■記事タイトル02■■■■
Posted on 5月 19, 2010 in: ■■カテゴリー■■|コメントは受け付けていません。

ただ、以外にも、イタリアでは晩婚化が進み、出生率も先進国の中で日本、ドイツ、と並んで低い国なんです。
晩婚化が進む理由には、福祉政策の貧弱さにあると言われています。
失業補償や所得保障が手薄なため、若者が経済的に自立しにくく、親に長く財政的に依存せざるを得無いのです。
また、経済的に余裕があり早くに自立しているカップルは同棲生活をしているカップルが多い。
それぞれ仕事を持ち、入籍はせず、子供も育てているカップルは少なくないのです。
また、イタリアはカトリックなので、離婚には極めて厳しいのです。
いざ離婚するとなっても、3年間の別居期間を置いていないと正式に離婚ができない。
さらに一度教会で式を挙げると、二度と挙げることはできない。
そんな理由からでしょうかね 日本で言う‘事実婚’が多いイタリア。

デートスポット 学生恋愛掲示板 スマートフォンサイトOPEN! QRコード
Pマーク
© Student All Right Reserved. ページトップ